生活困窮者自立支援制度

応援

生活保護制度に対する風当たりが強い中、生活困窮者の方々に対する新たな支援制度が生まれました。 その制度こそが生活困窮者自立支援制度です、平成27年4月よりこの制度は始まりました。

生活困窮者自立支援制度は生活保護に至る前段階の人々を支える支援制度でもあります。 こちらでは、この生活困窮者自立支援制度について説明していきます。

この生活困窮者自立支援制度は、読んで字の如くといえる制度です。

つまり、生活困窮者の方々が自立できるように支援プランを作成したり、就労支援を受けたりすることができるのです。 生活困窮者の自立を目標とするというのは、生活保護制度と同じ目標です。

ただ、生活保護制度はどちらかといえば生活困窮者に当座のお金を支援し、自立を自発的に促す性格が強かったのです。 しかしながら、生活困窮者が自立するのは生活費などの受給だけではなかなか難しい面がありました。 お金をもらえても、就職などがすぐに決まるわけでもなく、結局お金をもらい続けるだけという方が多かったのです。

そこで、生活保護を受け取る前に、生活困窮を立て直し再出発をすることを目標にする制度として生活困窮者自立支援制度が誕生したのです。

また、生活保護制度にはどうしても「生活困窮者が国に生活を委ねる」という性格がみられました。
生活困窮者の中には他人に頼ったりすることを嫌う方もいて、中々生活保護制度を活用してくれない方もいたのです。

そこで、生活困窮者の自立を促すことを前面に置いた生活困窮者自立支援制度が誕生しました。 この制度では当座の生活支援などももちろん考慮されていますが、それ以上に生活困窮者が自立できるように支援するという性格が強くなっています。

家計相談や就労支援、児童への教育支援などが行われていますので、生活にお困りの方はぜひご活用ください。

トップページへ戻る