生活困窮者自立支援制度(支援内容)

助け合い

生活保護制度に至る前に生活困窮者の自立支援をしようという制度として生まれたのが、生活困窮者自立支援制度です。 しかし、自立支援といってもどういったことを行っているのかがわかりにくいともいえます。

こちらでは、生活困窮者自立支援制度が実際にどういった自立支援を生活困窮者に行っているかについて説明していきます。

・自立相談支援事業

生活に困窮している方に、支援員が相談にのってくれるという支援事業です。

相談を重ねていく中で、相談者と一緒に具体的な将来像を交えた支援プランを考えてくれるのです。 まずは、こうした相談支援を受けてから今後どうやって生活を立て直すかを計画しましょう。

・住居確保給付金の支援

お金が無くて住居を失った、または住居を失う恐れがあるという方に家賃相当額を支援するという支援プランです。
まずは生活困窮者の方に住居を提供し、そこで生活を立て直す準備をしてもらうという目的による支援です。

・就労に関する支援

住居や生活費などといった一時的な支援に留まらず、生活困窮者の方が将来に渡って生活を維持するためにも就労支援を行っています。 直ちに就労することが困難な方のために、半年から1年間の就労訓練などを行い、就労が行えるようになるまで支援するのです。

専門のカウンセラーなどがバックアップしてくれますので、就労に対して不安をお持ちの方でも安心して臨めます。

・子供の学習支援

生活困窮者の世帯の子どもに対する、進学相談や学習支援などといった支援を行っています。

中退防止の相談や、高校への進学の相談などを受け付けていますので、お子さんに関することを相談し、支援を受けることが可能です。

以上のように、将来を見据えた支援を行っているのが生活困窮者自立支援制度なので、ぜひご活用ください。

トップページへ戻る